マイケルジャクソンが細菌感染

マイケルジャクソンが細菌感染に悩まされています。

マイケルジャクソンが鼻の整形手術が原因で細菌に感染しました。

抗生物質の効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に感染し、菌が全身に広がっていると12日付の英大衆紙サンが特ダネとして報じました。

全身の皮膚が壊死する恐れもあり、大規模な手術が必要だとしています。

マイケルジャクソン 腕時計 90年代 横顔

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。